2017年12月27日

短期、長期、全期間固定 3


多くの金利を払いたくない。
一方、リスクも負いたくない。
そんな方には10年固定1.05%がお勧めかもしれません。


リスクを最小限に、総返済額を減らしたいとお考えの方は
「攻め」と「守り」の中間となります。


あとは、ご家族のライフプランと相談して
ご自分が何に適しているか分析が必要です。


DSC_0778.JPG


管理人の住宅ローンは〜
1〜5年目は5年固定で
6年目からは3年固定の「攻め」です(笑)







posted by アトリエゼロ at 11:55 | ファイナンシャルアドバイス

2017年12月25日

短期、長期、全期間固定 2


今回は住宅ローン金利〜短期固定のお話です。


現在3年固定の金利は0.70%
4年目以降変動金利としても1.175%
4年目以降3年固定を再選択しても1.05%となります。

※ 北海道銀行平成29年12月現在の金利で4年目以降も同金利で推移の前提。


DSC_0444.JPG


金利上昇のリスクもありますが、
総返済額を少なくしたい、金利支払いを抑えたい
繰上げ返済を何度か行い、元金削減を積極的に行いたいと考える方にお勧めです。


全期間固定金利が「守り」の返済に対し
短期固定金利は「攻め」の返済となります。


住宅ローン「変動型」「固定期間選択型」の利用割合が増加-住宅金融支援機構調べ
↓下記の新建ハウジングの記事もご参考下さい。
http://www.s-housing.jp/archives/120292?lfpeid=Mq4CHElQHWpA&lfmaid=1000000300-10







posted by アトリエゼロ at 18:21 | ファイナンシャルアドバイス

2017年12月18日

短期、長期、全期間固定。


住宅ローンの金利のお話です。
住宅ローンの金利は、大きく短期・長期・全期間固定金利形態に分かれます。
今回は全期間固定の金利について解説していきます。


全期間固定金利住宅ローンとは
返済期間の金利が変わらず、やや高い金利なのが特徴です。

※ 北洋銀行、北海道銀行など全期間固定金利1.60%


DSC_0897.JPG


メリットは?
・ 返済額が変わらないので安心。
・ ライフプランが組み立てやすい。


デメリットは?
・ 金利がやや高め
・ 総返済額が多くなる


例 2500万円借入 35年返済で比較しますと

 1.60%(全期間固定)総返済額 32,666,178円 金利7,666,178円
 1.05%(10年固定) 総返済額 29,885,299円 金利4,885,299円

※10年間固定金利で11年目以降の金利がもし上がらなかったらと想定


一見10年固定が有利見えますが、
11年目以降、もし金利の上昇があった場合、
総返済額が1.60%を超える可能性もなくはありません。


そんな金利上昇のリスクを考えたくない、
景気に左右されない職種の方には
全期間固定を好む傾向にあるようです。






posted by アトリエゼロ at 09:42 | ファイナンシャルアドバイス

2017年12月12日

団信の割合。


以前お話させていただいた
「健康の期限」の団体信用生命保険のお話です。


最近は夫婦共働きが増えまして
夫婦所得合算で住宅ローンを申込むことも増えてます。


これを連帯債務といい
夫婦両方に団体信用生命保険に加入が義務付けとなります。


夫婦いずれかが死亡などした場合、住宅ローン残債がいくら残るか?
夫婦相談の上、団信の割合を決めることが出来ます。


DSC_0653.JPG


例えば…
住宅ローンの残債が2000万円でご主人が亡くなった場合


団信の割合 ご主人50% 奥さま50%の時には
奥さま住宅ローンの残債は 2000万円×50%=1000万円 となります。


団信の割合 ご主人90% 奥さま10%の時には
奥さま住宅ローンの残債は 2000万円×10%=200万円 となります。


団信の割合はご主人90% 奥さま10%まで(逆も可能です)
割合が選択できますで、夫婦で慎重な話し合いが必要です。


自分の身に何かあったら〜
来年、住まいづくりを検討している方は、「健康」には気をつけたほうがよさそうです。



posted by アトリエゼロ at 11:12 | ファイナンシャルアドバイス

2017年12月05日

健康の期限。


住宅ローンを組むと
団体信用生命保険の加入が義務となります。


住宅ローンを返済中、ご主人が死亡や重度障害になった場合に
住宅ローンの残高がなくなる保険です。


最近では3大疾病、8大疾病、奥様保障など
団体信用生命保険の保障も手厚くなってきております。


DSC_0809.JPG


ここで重要なのが
今現在、住宅ローンを組もうとしている本人が「健康」であること。


健康診断で再検査になったり
病気を治療中の場合は住宅ローンの借入れが難しいことがあります。


40代を過ぎると〜
健康診断で何かとひっかかることが多いのが現状です。


「健康の期限」ご自分の健康診断書を
一度見てもらうことをお勧めします。



posted by アトリエゼロ at 14:31 | ファイナンシャルアドバイス

2017年11月30日

年齢の期限。


いざ、家がほしいと考えた時に
住宅ローンのことが頭をよぎると思います。


30〜35年と長い期間にわたり
住宅ローンを返済していきます。


現在、定年退職が60歳から65歳になる企業が増えてきました。
それに伴い、年金受給年齢も65歳から先にのびる可能性があります。


DSC_0176.JPG


30歳で35年返済の場合、完済年齢は65歳
35歳では必然と5年の繰上げ返済は必要となります。
40歳では返済期間を短くすることも検討するかもしれません。


ちなみに私は37歳で住宅ローンを
30年返済で計画しました。


「年齢の期限」住まいづくりの計画は
ある程度、年齢の若い時に計画した方がいいかもしれません。




posted by アトリエゼロ at 16:16 | ファイナンシャルアドバイス

2017年11月28日

家がほしい。


家を必要な理由を
考えたことがありますか?


・ 子供が大きくなったから?
・ 知り合いが家を建てたから?
・ 今の賃貸が手狭になったから?
・ 賃貸住宅の音の問題?


みなさん色々な理由が
あると思います(笑)


DSC_0921.JPG


私の考えは
「老後(定年後)に家賃を支払わないようにする」ためです。


給与所得がなくなり、年金生活を送る時
月々家賃5〜6万円支払い、冬の暖房費を支払うことは
かなり厳しいと思います。


持ち家で住宅ローンを完済していればその心配もありませんし、
月々の光熱費と固定資産税で済みます。


住まいの必要性をみなさんはいかがお考えでしょうか?
一度、ご家族でお話し合ってみることをお勧めします。



posted by アトリエゼロ at 15:51 | ファイナンシャルアドバイス

2016年01月08日

確定申告のご案内。


昨年、住宅ローンを利用されて入居された建主さま
「住宅借入金等特別控除」の適用によって所得税が軽減されます。

※住宅ローン減税と呼ばれております。


所得税の軽減を受けるには
北見税務署や各役場などで確定申告をする必要があります。


1月4日よりから確定申告ができ、
2月に入りますと混雑が予想されますので
お早めにお手続きをお勧めします。


必要な書類

・ 確定申告申告書類(税務署または役場にあります)
・ 住民票     (家族全員 1月4日以降に取得したもの)
・ 銀行住宅ローンの残高証明書
・ 工事請負契約書の写し
・ 土地売買契約書の写し
・ 土地、建物登記簿謄本、または権利証の写し
・ 源泉徴収票   (平成27年分 最新のものです)
・ 印鑑      (シャチハタ以外)
・ 預金通帳    (口座番号がわかるもの)



詳しくは下記↓PDFをご参考下さい。
確定申告手紙_doc H28.pdf


IMG_8634.jpg



posted by アトリエゼロ at 18:30 | ファイナンシャルアドバイス

2013年01月09日

住宅ローン確定申告のご案内。


昨年、引渡しをされた建主さまで
住宅ローン等を利用され一定の条件にあてはまれば


↓一定の条件は下記をご確認下さい。
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/063.htm



確定申告を行うことによって
所得税と住民税の一部が軽減されます。


準備するもの

・ 確定申告書類(税務署又は市町村役場にあります)
・ 住民票(家族全員)
・ 銀行住宅ローン残高証明書
・ 工事請負契約書の写し
・ 土地売買契約書の写し
・ 土地建物の登記簿謄本又は権利証の写し
・ 源泉徴収票(平成24年分)
・ 認印(シャチハタ以外)
・ 預金通帳(口座番号がわかるもの)


最寄の税務署又は市町村役場にて
もうすでに手続きが出来ます。


DSC_1569[1].JPG


DSC_1565[1].JPG





ちなみに…


昨年、マイホームが完成したスギちゃんは
早速、確定申告を済ませ〜
4月に請求が来る固定資産税の支払いにあてるそうです。


… 全くワイルドではありませ〜ん (苦笑)


↓スギちゃんの家は下記をご覧下さい。
http://atelierzero.sblo.jp/article/54714605.html



DSC_0922.JPG


DSC_0771.JPG


確定申告は早目のお手続きをお勧めします。








posted by アトリエゼロ at 10:24 | ファイナンシャルアドバイス

2012年11月19日

年末調整。


今年、家が完成した方は
住宅ローンに関する年末調整の必要はございません。


翌年、確定申告を行って
10年間、所得税と住民税の一部などが控除されます。


昨年、確定申告を行った方は
年末調整で金融機関(住宅ローン)から郵送されている
残高証明書の書類が必要です。


↓私の北洋銀行の残高証明書です。


IMGP8711.JPG


私の場合〜
残高を見るとダメージが大きいので


覚悟を決めてから… 確認するようにしてます(苦笑)


金額を見終わったら〜
しばし放心状態から抜け出すまで時間がかかります(笑)


時間が経てば
気力も回復します(笑)


DSC_1189.JPG






posted by アトリエゼロ at 09:00 | ファイナンシャルアドバイス

2012年01月10日

昨年、お引渡しされた建主さまへ。


住宅借入金等特別控除(確定申告)のご案内。


住宅ローン等を利用してマイホームを新築した時には
一定の要件にあてはまれば、入居した年から10年間所得税が減税されます。


日  程  1月4日〜3月15日まで
提出場所  最寄りの税務署又は市町村役場
提出書類  @ 住民票  (家族全員)
A 銀行住宅ローンの残高証明書
B 工事請負契約書のコピー
C 土地売買契約書のコピー
D 土地建物の登記簿謄本又は権利書の写し
E 源泉徴収票(平成23年分最新のもの)
F 印鑑   (シャチハタ以外)
G 預金通帳 (口座番号がわかるもの)


すでに1月4日から確定申告が出来ます。
2月に入ると混雑が予想されますので
お早目のお手続きをお勧め致します。


最近ではインターネット(e‐TAX)でも確定申告が出来るようになりました。
詳しくは→http://www.e-tax.nta.go.jp/をご参考ください。


DSC_1161.JPG



posted by アトリエゼロ at 10:48 | ファイナンシャルアドバイス

2011年03月09日

怪獣たちの保険。

nakayama 1179.jpg
私の場合〜
住宅ローンの8大疾病から始まった
保険の見直し・・・


私の保険。
妻の保険。


そして・・・
怪獣2匹の学資保険。


時間をかけてじっくり考えてきましたが
ようやく?ひと段落です。


先週から数回に分けて
住宅ローンと保険の関係〜
いかがでしたでしょうか?


非常にわかりにくい内容なので
またまたアクセス数が減りましたが〜(笑)


そんなことにめげず・・・


マニアックな内容は継続します(大笑)


たまには楽しい内容も綴りますので
見捨てないで下さい・・・






posted by アトリエゼロ at 09:05 | ファイナンシャルアドバイス

2011年03月06日

住宅ローンと保険の関係。

住宅ローンで団信に加入した場合
通常の保険はどうなるか?


8大疾病付の住宅ローンを組んでいる私は
最近、保険を見直しました。


保険業界で仕事をしている建主さん(Mさん)と見直しを検討していると
色々と勉強になります。


前回、夫婦共働きの場合の住宅ローンの特集を数回紹介した際に 
http://atelierzero.sblo.jp/article/43264927.html にて特集しました。

・ 住宅ローン
・ ライフプランニング
・ 個人の保険
・ 税金 
・ 繰上返済     など 大変深い関係があります。


住宅を新築する時は
住宅ローンと一緒に保険を見直すことをお勧めします。


もしよろしければお気軽にご相談下さい(笑)




IMG_6543.JPG








posted by アトリエゼロ at 09:23 | ファイナンシャルアドバイス

2011年02月13日

夫婦共働きの優遇制度。

nakayama 1128.jpg
住宅ローンを検討した時に
夫婦共働きで連帯債務〜
(夫婦で住宅ローンを返済)を考えた時、
ぜひ、優遇制度を利用してみましょう!


・ 融資事務手数料が
47,250円→26,250円と安くなる

・ 100万円以上の繰上げ返済手数料が無料

・ 子どもが生まれたら
1年間金利0.1%優遇


上記の内容は北洋銀行が
働く女性のための住宅ローン優遇制度です。


知られていない内容ですが
夫婦共働きの優遇制度を
賢く利用するのもひとつの方法です。


以上、夫婦共働きの資金計画の特集を
7回にわたってお送りしました。


詳しい内容をご相談されたい方は
http://www.atelierzero.jp/contact.html
までお気軽にお問合せ下さい。






posted by アトリエゼロ at 09:58 | ファイナンシャルアドバイス

2011年02月12日

保育園費用。

IMG_3987.JPG
夫婦共働きで〜
保育園費用は、重い負担になります。


北見市の場合、夫婦の年間支払っている
所得税の金額に応じて
保育費用が決まります。


つまり、夫婦の所得が高いほど
保育園費用も高くなる仕組みです。


おおよそ2歳差での
お子さんたちが多く


一時的ではありますが
保育園費用が厳しい年があることも
ある程度、想定する必要があります。


一般的には
奥さまが産休や育児休暇の時に
住まいづくりを計画されることが多いですが


忘れてはいけない
「保育園費用」も考えながら
資金計画を検討されることを
お勧めします。







posted by アトリエゼロ at 09:20 | ファイナンシャルアドバイス

2011年02月11日

家族が増えた時のこと。

IMG_3984.JPG
夫婦共働きの〜
住まいづくり資金計画をする場合をテーマに
ここ数日、お話しております。


この資金計画で
注意していただきたいこと・・・


新しい家族が増えた時のことを
考えてみましょう。

・ 奥さんが産休になる
・ 収入が減る
・ 住宅ローンの返済が厳しくなる


以上のことは〜
あらかじめ考える必要があります。


ご主人ひとりで返済できる資金計画や
あらかじめ家族が増えることを前提に
「貯蓄」をする必要があります。


夫婦所得合算で
借入限度額まで住宅ローンの資金計画は
危険ということです。


そんな家族のライフプランも考えて
資金計画を検討しましょう。




posted by アトリエゼロ at 09:57 | ファイナンシャルアドバイス

2011年02月08日

共有名義の注意したいこと。

IMG_3346.JPG
先日お話した内容で〜
土地と建物を共有名義したときの
注意事項です。


それは・・・
離婚をした場合に
財産分与が難しいということ。


夫婦のどちらかが
財産を放棄しなければなりません。


また、住宅ローンの支払いも
夫婦連帯債務なのでひとりでは
厳しくなります。


当たり前のことですが
「離婚」をしないことが前提の
資金計画となります。


多く税制の優遇を受けることは
それなりの「覚悟」が必要ということです。


そんなことも〜
頭の片隅に入れながら
住まいづくりを考えてみてください。




posted by アトリエゼロ at 09:27 | ファイナンシャルアドバイス

2011年02月07日

所得合算と連帯債務。

IMG_3342.JPG
夫婦共働きの〜
住まいづくり資金計画をする場合、


「収入合算」や「連帯債務」と
いう言葉を聞きます。


これは夫婦の所得を合わせ、
住宅ローンを借入することを言います。


このときの節税対策として
建物の持分を共有名義(夫1/2 妻1/2)と
いった登記を行い

※ 所得に応じた持分が一般的です。


確定申告では夫婦が
おのおので申告を行うと、


所得税控除を夫婦で
受けられる場合があります。


夫婦共働きは多く税金を納めているため
控除も多く受けられるということです。


意外と知られていない大切なこと。
夫婦共働きの資金計画には
ちょっとした工夫が必要です(笑)




posted by アトリエゼロ at 08:17 | ファイナンシャルアドバイス

2011年02月06日

夫婦共働きの特集。

nakayama 1143.jpg
またまた・・・
地味なブログの内容でスイマセンが〜
資金計画は住まいづくりで
一番重要な内容だとアトリエゼロでは考えます。


ここで今日から数回にわたり
夫婦共働きの場合についての
資金計画の特集をお送りします。


最近では女性の社会進出に伴い
夫婦共働き家族が増えてきました。

・ 連帯債務
・ 所得合算
・ 共有名義


聞きなれない言葉が多く登場する
夫婦共働きの資金計画は
知らないと税制で戻ってくる税金が
大きく違う場合があります。


以上の内容を明日からテーマ別に
簡単にわかりやすく解説していきます。


あくまでもご参考につき
詳細につきましては所定の税務署にて
ご確認下さい。


明日からのブログを
お楽しみにしてください(笑)







posted by アトリエゼロ at 09:34 | ファイナンシャルアドバイス

2011年02月03日

振り込まれました。

DSC_1047.jpg
一昨日のブログの住宅ローン減税〜
確定申告から約3週間後に
無事、振り込まれました。

ちょっとした臨時収入です(笑)

1回目の住宅ローン減税は
確定申告した3週間後に振り込まれますが

2回目からは12月の
年末調整で振り込まれます。

再び・・・
税務署から年末調整用の用紙が
送られて来て〜

次回からは確定申告を行わず
勤務先にて手続きが可能です♪

この住宅ローン減税は〜
10年間受けることが出来ますが

・ 10年間貯蓄して繰上げ返済に活用する
・ 固定資産税支払いの資金にする
・ 自動車税支払いの資金にする  など

様々ですが・・・

我が家では2号の学習机などに
消えていきそうです(笑)






posted by アトリエゼロ at 09:17 | ファイナンシャルアドバイス